気候は温暖

小川と緑

静岡県は、東海地方に属しています。県内は、富士山をはじめとする山が多く存在しています。
また、県内には大きな河川が3本通っています。その豊かな自然と地形を利用して、農業が盛んです。
気候は一年を通して温暖なので、野菜の栽培に適しています。県内で栽培されている野菜は、キュウリ・トマト・ナスなど多岐にわたります。
春先になると、山々からの雪解け水が静岡の肥沃な土地を潤します。静岡の野菜を食べると、その豊かな自然を感じることができます。
山菜を収穫することもできます。特に気温が高い伊豆半島では、露地栽培が実施されています。
露地栽培は、自然の機構を上手く利用して野菜を栽培します。そのため、野菜本来のおいしさを味わうことができます。

静岡県のいいところは、東日本地域と西日本地域のアクセスが良好なところです。それは、静岡県が日本のほぼ中心に位置しているゆえです。
そのため、県内には東西エリアを結ぶ新幹線が通っています。また、新幹線の駅の数も複数存在します。
そのため、日本各地の名産品や各方面からの情報が集まる地域といえます。また、自然豊かな地形である点です。
東には沼津港、西には穏やかな丘陵地域がが広がっています。沼津港では、毎日多くの魚介類が水揚げされます。
丘陵地帯では、お茶やみかんを栽培しています。静岡県で収穫されるお茶やみかんは、高品質で有名です。
そのため、日本全国のみならず海外にも出荷しています。それらは、贈答品としても扱われています。